サラ金の金利はどうなっているか

サラ金の金利というのは金融機関側が自由に決めてよいわけではありません。法律によって上限が決まっています。これを超える金利をつけるとそのサラ金は違法となり、法律上は利息分だけではなく貸したお金の全てについて返済を求めることができなくなります。それではサラ金として全く経営が成り立ちませんから、少なくともまともに営業活動を行っているところでこの法律を無視した高金利を付けているところは皆無です。金利の上限というのは、融資金額によって決まっています。10万円までの場合は年率20%が上限です。10万円から100万円の場合は年率18%が上限、そして100万円以上の金額の場合は年率15%が上限となります。どうして金額によって上限が異なっているのかと言えばいろいろな意味合いがあるでしょうが、一つの考え方としては、事務的な手続きのことを考えてみれば分かりやすいかもしれません。

サラ金側にとってみれば、5万円を貸すのも500万円を貸すのも、その事務手続きはさほど極端に変わるわけではありません。5万円と500万円とでは100倍の開きがあるわけですが、事務手続きの煩雑さが100倍も違うはずはありません。どちらも同じように顧客の応対をし、同じように審査を行い、同じようにローンカードを発行しなければならないのです。つまり、少額の融資に対して高額の融資と同じような金利を付けていては、この事務手続きの仕事にかかる人件費その他を生み出すことができないのです。ですから、少額の融資では比較的高い金利を付けることが認められているのです。ちなみに、法律で定められているのはあくまで上限であり、別にこの上限の数字を必ずつけなければならないわけではありません。そのサラ金の判断により、それよりも低い数字にするのは全くの自由なのです。実際、多くのサラ金が、特に高額を借りてくれる人、信用力が非常に高いと考えられる人にはより低い数字をつけ、サービスを競っています。